2011年06月30日

今年の折り返し地点ですね

 開業して2年半がたったところです。最初のお客様と契約して約1年半です。感謝され尊敬される生き方がしたいと思って選んだ職業だったんですが…今のところそれを肌では感じませんねぇ。
 勤めていた時はよくお客さまに食事に誘われたのですが、現在のところそれははありません。勤めてる頃と同じようにお客様の利益になるようなこと一つでも提案することはないだろうか。と、考えながら日々仕事してるんですけど。。。
 難しいなぁ~何が違うのかなぁ~(Fu~)  


Posted by かつらい会計事務所 at 12:30Comments(0)

2011年06月10日

Face bookのセミナーに出ました。

 昨日、話題のフェイスブックのセミナーに参加しました。しかし、何が何だかよくわかりませんでした。ホームページやブログ、ツィターとの違いも全然わかりません。まぁ~ITのことを話されたら『あ~いてぇ~』という感じです(笑)  


Posted by かつらい会計事務所 at 11:00Comments(0)

2011年06月08日

中国人の経営者も増えましたねぇ

 先日中国人の経営者に呼ばれて面談に行きました。今年に入ってから中国の方は二人目です。というのも外国人は、日本人と違って簡単に信頼関係を築けないと聞くことがあります。次の取引は、価格を下げるか品質を上げるかしないと続かないそうです。
 僕のスタンスとしては、できる限り顧客である経営者に有意義な資料の提供と経営判断のためのアドバイスをしていくことなのですが、価格の安さが大きく占めるのでしょうか?一週間以内に返事をするということだったので相見積りで安いところを探しているような感じでした。
 それとも外国人だからといって特別なことを考える必要もないのでしょうか?  


Posted by かつらい会計事務所 at 12:00Comments(0)

2011年06月07日

近ごろの若者は…

 DMから問い合わせのあったアラサーの経営者と会いました。DMのウリは3か月間顧問料無料というものだったんですけど、「ビジネスでは翌日末日払いが常識だから支払いをさらにひと月送らせてくれ。」というものでした。
 確かにそうかもしれませんが、こちらとしては3か月間がまんしているのだから譲歩してくれてもいいような気がするのですがどうでしょうか?というのも、昨日同じように40代の経営者と会いましたが、だいたいこちらがお願いしたとおりに妥結しました。
 30代の経営者とこれまで4人ぐらい会いましたでしょうか。何か無理がかかっているような気がしてなりません。公然と脱税や粉飾を頼む人、スポンサーの指定する税理士せざるを得ないと断られたこともありました。
 推測なのですが、課長・部長というぐらいにならないと堅固な人脈ができないから自分の自由にならず、人のいいなりや無理して起業する人が多いのかなぁと考えています。
 30代以下で事業を始めるのはあせらず慎重に考えて行動してほしいと思う今日この頃です。
 
  


Posted by かつらい会計事務所 at 11:10Comments(0)