2016年04月28日

税金・会計については税理士に相談するべきですね

またもあったのですが・・・


消費税の課税においては基準期間の売上高が5,000万円以下の人は

『本則課税』か『簡易課税』かを選択できるんです。

今度新しくお客さんになった人は『簡易課税』を選択していると思っていたらしいのです。


しかし、計算してみたら『本則課税』が有利だったんです。

やはり、ビジネスを始めたら税理士に定期的に関与してもらうほうがいいじゃないあなぁ、と思いました。



税理士を雇うといろいろお金がかかるとお考えのようですが、

結局は損をしてしまうことが多々見られます。


経営者に人たちに考えていただきたいと思いました。
  


Posted by かつらい会計事務所 at 18:00Comments(0)