2011年06月08日

中国人の経営者も増えましたねぇ

 先日中国人の経営者に呼ばれて面談に行きました。今年に入ってから中国の方は二人目です。というのも外国人は、日本人と違って簡単に信頼関係を築けないと聞くことがあります。次の取引は、価格を下げるか品質を上げるかしないと続かないそうです。
 僕のスタンスとしては、できる限り顧客である経営者に有意義な資料の提供と経営判断のためのアドバイスをしていくことなのですが、価格の安さが大きく占めるのでしょうか?一週間以内に返事をするということだったので相見積りで安いところを探しているような感じでした。
 それとも外国人だからといって特別なことを考える必要もないのでしょうか?


Posted by かつらい会計事務所 at 12:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。