2012年08月11日

消費税増税と大田区の町工場

 昨日、消費税増税関連8法案が参院本会議で可決成立しました。

 私の周りの人たちの反応としては、「社会保障の安定財源の確保と
財政健全化を達成すためには増税は仕方ないかな。」といった反面、
「でも実質値上げだから転嫁は難しいので困ったな。」と感じられま
す。

 大田区の工場地帯を歩いていますといまだに電話番号が7ケタのま
まの看板を掲げている工場を多く見かけます。もう改築しなけりゃ危
ないような建物も見かけます。

 消費税が正しく国庫に納められていないという声もよく聞きますが、
納めたくても納める資金の余裕がないわけです。

 消費税はお客様からの預かりかもしれませんが、お金に印が付いて
いるわけでもないし、別段にプールしておける余裕もありません。私
の顧客の方々は、税務署にお願いして分割してやっと納付している状
況です。

 2015年から10%、今の2倍ということになりますが、果たし
て支払えるかどうか町工場にとってまた難しい問題が生じたと言わざ
るを得ません。

 私も税理士として何とか資金繰りの分野から支援していかなければ
いけないと思っています。



 


Posted by かつらい会計事務所 at 16:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。